top of page

脳と口腔は密接に繋がっている!

更新日:4月3日

今日は「口からはじめる健康づくり~目指せ!健康長寿日本一~」ということで、九州地区連合会歯科医師会主催による県民公開講座を聞きに行きました。



白い歯


ポスター


講演をされた先生は、認知症専門医の長谷川嘉哉先生。


私も両親も70代後半で、あと数年で80代突入です。


人生100年時代と言われますが、認知症や寝たきり・介護など避けては通れない問題ですよね。


65歳以上の7人に1人は早期認知症になりうるんだと!!


自分もそう遠い話ではないんだ・・・


認知症になって子供達に迷惑だけは掛けたくない・・・


予防できるのであれば、すぐにでも実践したいし、両親にも教えてあげたいという気持ちで講演を聞きました。


とても面白い先生で、テンポ良く、すごくわかりやすいお話ばかりでした。


認知症の症状には段階があり、予防する方法があるんですね~


1. 生活習慣病の予防すること

2. 運動

3. 食事

4. 脳にある扁桃核を刺激する生活習慣(感情を刺激・豊かにする)


大事!大事!


あと、先生が長年診療している中でお仕事を続けることが凄く大事だとおっしゃってました。


そうですよね~、お仕事続けられている高齢の方はみんなシャキーンと元気ですもんね。


生涯現役を続けるためには、いつまでも健康でいないと!


ここからが一番重要。

脳の広範な感覚や運動領域が口腔内をカバーしていて、お口の中を刺激してあげることが認知症に予防にも繋がるんだそうです!


歯磨き


・ 食後の歯磨き

・ よく噛んで食べる

・ 定期的に歯科受診(ケア)


歯医者さんなんて歯が痛くなった時だけしか行かないんですよね•••


定期的行かれる方、素晴らしいです!


将来の事を思えばキチンとケアしないといけないと考えさせられました。


皆さん、口の中を刺激してあげましょうね!




また、更年期の症状で「ドライマウス」があります。


私もその症状が原因で長く上手くしゃべれません(涙)、講座の時はお水をチビチビ飲みながらしなければなりません。


50歳以前後になると、本当にお口の中を常に清潔に保つ事が大事~~~~。



みなさん、認知症は他人事じゃないですよ~~~。


先生のYouYubeチャンネル(https://www.youtube.com/@toki214/videos)もありますが、


まずこの動画を見て欲しい!!!


      ↓











最新記事

すべて表示

Kommentit


bottom of page